「ジャック・マー」の悲劇

中国共産党にとって巨大プラットフォーム企業は諸刃の剣。金融システムの創造的破壊を唱えた天才経営者の挫折。

2021年4月号 BUSINESS [走火入魔]

  • はてなブックマークに追加

寓話「アリババと40人の盗賊」では、洞窟の前でアリババが「開け、ゴマ」と呪文を唱えると、扉が開いて金銀財宝を手に入れた。中国アリババ・グループのジャック・マー(馬雲)は昨年11月、子会社「アント・グループ」の新規株式上場(IPO)で370億ドルを手にするはずだったが突如延期となり、財宝を手に入れ損なった。直前の10月24日に行われた「上海外灘金融サミット」でのスピーチが原因と言われる。マーはその後雲隠れし、様々な憶測を呼んだが、今年1月20日、88日ぶりに姿を現した。GAFAと並んでBAT(百度、アリババ、テンセント)と持て囃された巨大ネット企業の総帥はいま、逆風にさらされている。

10億人の個人情報を握るモンスター

アント・グループはECサイト「陶宝網」や「天猫網」を運営するアリババ・グループから、決済機能を切り出して独立した企業だ。決済アプリ「アリペイ(支付宝)」や「健康コード」、信用スコアの ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。