「火葬場利権」狙うラオックス羅怡文vs麻生

東京23区の火葬市場を牛耳る東京博善が火葬料金を大幅値上げ。ひと頃より劣るが、いまだ高収益だ。

2021年4月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

桐ヶ谷斎場などを運営する東京博善が1月、火葬料金を大幅値上げした。親会社の廣済堂を巡っては2019年1月のMBO(経営陣による自社買収)計画を機に主導権争いが沸騰。それもこれも東京23区の火葬市場を牛耳る東京博善の企業価値増大が最大の関心事。今回の値上げは強欲な争奪戦の帰結だ。値上げとなったのは「最上等」の料金。名称とは裏腹に上から4番目のランクで、最も利用が多い。大人料金は従来の5万9千円が7万5千円に改定された。同時に上から2番目の「特別殯館」は17万7千円が14万5千円に下がったが、昨今の葬儀の簡素化・低価格化を踏まえれば、収益増大に的を絞った狡猾な価格戦略だ。東京23区民には指定葬儀社を使えば割安に利用できる「区民葬」という制度があり、そちらは据え置きだが、使い勝手はよくないとされる。歴史的経緯もあり東京23区の火葬市場は全国でも稀な民営主体だ。全9カ所の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。