JT「リストラ」の阿鼻叫喚

たばこ事業の運営を海外に移管。「“黒い目をした外国人社長”は国内事業に大ナタを振るうに違いない」と社内は戦々恐々。

2021年4月号 BUSINESS [温情なき寺畠経営]

  • はてなブックマークに追加

「『ひとのときを、想う。』なんて悠長に言ってる場合じゃないよ。自分のことを考えなければならない」。日本たばこ産業(JT)のある幹部は、テレビで流れる自社CMの企業メッセージをそう揶揄する。同社が2月上旬に発表した大規模リストラと組織再編が強烈だからだ。

スイスに足を向けて寝られない

正社員1千人の希望退職を軸とした3千人規模の人員削減、「セブンスター」などを製造する福岡県の九州工場の閉鎖、子会社で冷凍食品大手のテーブルマークの3工場閉鎖。今回発表したリストラの主だった中身を挙げればこのあたりだが、社内に激震が走ったのは「たばこ事業」の本社機能をスイス・ジュネーブにある海外子会社のJTインターナショナル(JTI)へ移管することである。2022年初頭に海外たばこ事業と国内たばこ事業を統合し、指揮権を子会社に明け渡す。「ほとんどのメディアは移管をサラッと報じるかスルーしたが、実はこれこそ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。