第2弾 維新の「東京5区公認」田淵正文に重大な嫌疑/動かぬ証拠の「監査」通知

号外速報(3月13日 05:20)

2021年3月号 LIFE [号外速報]

  • はてなブックマークに追加

本誌2月20日号で、日本維新の会の公認候補として、次期衆院選「東京5区」から出馬予定の田淵正文氏(中目黒消化器クリニック、62)が、昨年8月に関東信越厚生局と東京都から「監査」受け、診療内容や診療報酬請求の不正が判明した場合、保険医の登録取消の行政処分を受ける可能性があると報じた。厚生労働省によると、19年度に全国の医科で個別指導を受けた医療機関は1639件あったが、監査を受けたケースはわずか18件(1・1%)。まず個別指導を行い「不正又は著しく不当」の疑いが生じた場合に監査を実施する決まりになっており、平たく言えば「犯罪」の疑いがあるケースだ。「監査は慎重に行われるため、行政処分が出るまで1~2年かかる」と、担当者は言う。本来、監査は「医師生命」にかかわる深刻な事態なのだが、田淵氏はどこ吹く風のようだ。

2度目の「監査」に反省のかけらもなし

2月23日、田淵氏が発信したブログのタイトルは「人 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。