「怪情報で乱高下」 クレアHDの委任状争奪戦

東証2部上場のハコ企業「クレアホールディングス」を巡るキツネとタヌキの化かし合い。

2021年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

かつて「ソチ五輪人工島計画」をぶち上げるなどした、東証2部上場のハコ企業、クレアホールディングス(社長・黒田高史、以下クレア)が、今度は「コロナ対策」を巡り揺れている。昨年7月から、大株主のセノーテキャピタル(社長・岡本武之、以下セノーテ)がプロキシーファイトを仕掛けているのだ。セノーテはコロナ対策事業として鳥類のダチョウの抗体スプレー販売への参入を謳っているが、クレアは事業計画の実効性に疑問があるとして反対。臨時株主総会は本来11月に予定されていたが、セノーテの委任状勧誘に問題があったとして延期となり、仕切り直しがこの2月下旬に予定されている。セノーテがクレアに乗り込んできたのは19年の第三者割当増資だ。7月と12月に1株15~16円で約1600万株の新株と、約3千万株分の新株予約権を引き受けている。一緒にファイナンスを引き受けているMTキャピタルマネジメ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。