政治日程ありき 「横浜カジノ」の窮状

政権の「厳命」でIR事業者の募集を開始。ゲンティンと組む京浜急行はギブアップか。

2021年3月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

横浜市は1月21日、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の「実施方針」を決め、事業者の公募を開始した。大阪府・市、和歌山県、長崎県に次ぐ4カ所目。国が最大で3地域を選ぶ自治体の誘致競争が本格化する。1月15日に決める予定が、林文子市長が入院(帯状疱疹)のため延期となり、市の重要施策を決める経営会議に諮ることなく、入院中の市長決裁により募集に踏み切った。未曽有の「第3波」に襲われた神奈川県は緊急事態宣言が再発令されており、市内部からも「募集強行」に懸念の声が上がっていた。この実施方針の決定から1週間後の28日、本誌に「横浜のIRレースの状況」と題する匿名の告発文(A4用紙2枚)が届いた(以下、〈 〉内は引用)。〈横浜市は、政権からの厳命で、事業者の申し込み受け付け開始を1月21日に決定し、締め切り日も変えないということになった。政権から横浜市に対して横浜市長 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。