上皇ご夫妻は「老いの症状包み隠さず」公表

誕生日に合わせて公表された上皇さまのご近況。高齢者特有の症状を隠さない上皇夫妻の思い。

2021年3月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

「何度か繰り返されるご質問にもその都度丁寧にお答えになる上皇后さまと、それを聞かれご納得になるといつも明るい笑顔におなりになる陛下。時に、勘違いや戸惑いがあっても、一緒にお笑いになりながら、ご記憶を新たにされ、日々のご生活を確かなものとされています」昨年12月23日、父昭和天皇(1901-89)の年齢と並ぶ87歳になられた上皇さま。誕生日に合わせて発表された近況の一節が世間の耳目を引いた。体調に問題はないものの、「何度か繰り返されるご質問」「勘違いや戸惑い」などと高齢者特有とみられる症状の一部も記されていた。元宮内庁関係者は「ご自身の現在の病状をできるだけ公表しようとする科学者らしい上皇さまの一面をあらためて感じた」と話す。上皇ご夫妻が東京都港区の仙洞仮御所に引っ越しされてまもなく1年になる。新型コロナウイルス感染症の拡大時期とも重なった。ライフワ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。