「千代田区長選」圧勝で女帝・小池が完全復活

再び政権を揺るがす大政局の主役になれるか。筋書きのない「小池劇場」の最終章が始まった。

2021年3月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

「学生インターンとして政治の道を歩み出してから20年。ずっと見守ってきた私としても心から感謝を申し上げる」――。1月31日深夜、東京都千代田区長選で地域政党「都民ファーストの会」元都議の樋口高顕氏(38)の当選が決まると、事務所前に設置されたモニターの画面越しに、小池百合子都知事は「まな弟子」の勝利を満面の笑みで讃えた。東京23区最少人口(6万7千人)の同区で、自民・公明両党の推薦候補に約1900票の大差で圧勝。「政局の主導権を小池が再び取り返した。今回の勝利が国政復帰への起点となる」と小池氏周辺は語る。日本維新の会の推薦候補を含む事実上の三つ巴となった千代田区長選は、7月4日投開票の東京都議選の前哨戦として大きな注目を集めた。前回都議選で大敗した自民は地元区議を擁立し、公明からの支援も確保。告示直前の情勢調査では次点に10ポイント以上の差をつけ、有利に選 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。