夕張市に迫る「2回目の破綻」

リゾート施設の運営会社が破綻。マルハニチロは工場閉鎖。町を支配するのは諦観だけ。

2021年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

2006年に財政破綻が明らかになり、全国唯一の財政再生団体となっている北海道夕張市が「第2の破綻」とも呼ばれる危機を迎えている。市内の炭鉱がすべて閉山した後、市の主要産業となってきたのは観光産業。だが、主要な宿泊施設とスキー場を一手に運営する企業である「夕張リゾート」が2月1日、5億円を超える負債を抱えて破産手続きを開始した。さらに、100人を超える雇用を維持してきたマルハニチロ夕張工場も3月末で閉鎖を決定。シチズン時計子会社の工場も大幅な人員削減で規模を縮小することになっている。財政破綻後も夕張の経済を支えてきた産業が揃いもそろって「総崩れ」の状態だ。

ころころ変わった経営者

2月初め、数年ぶりに夕張を訪ねてみた。夕張リゾートが運営していた市内最大の宿泊施設「ホテルマウントレースイ」の建物はすでに雪の中に沈んでいた。訪れる人がいなくなって久しいのか、入口部分すら除雪され ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。