招待音声「クラブハウス」に河野、世耕、蓮舫ら政治家が参入

インサイド

2021年3月号 DEEP [インサイド]

  • はてなブックマークに追加

米国発の招待制音声配信SNSのClubhouse(クラブハウス)が日本で大きな話題になり始めた。クラブハウスはいわば「音声版のツイッター」或いは「画面のないZoom」。利用者はアプリ上の「room」で自由に雑談することができる。傍聴だけなら5千人が集うことも可能だ。データ処理に強みがあり、Zoomなどよりもスムーズでクリアに会話できるとされる。クラブハウスは米西海岸のスタートアップ企業「アルファ・エクスプロレーション」が昨年4月に開始した。特徴は招待制を取っていることだ。2月上旬時点でiPhoneなどアップル端末の利用者だけが対象で、電話帳に登録した知人しか招待することができない。サービス開始直後は日本では無名の存在だったが、スタートアップの創業者や投資家が日本語でも使い始め、今年1月下旬に日本の芸能人や企業関係者などで利用が急増した。緊急事態宣言の再発令で「巣ごもり」 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。