「みんなで大家さん」で闇の重大トラブル

出資金集めの広告塔になってきた「奇跡のバナナ」を巡る開発者側との金銭トラブルが発生!

2021年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

不動産投資商品「みんなで大家さん」を巡る新たな重大トラブルが明らかになった。前号で報じた成田空港近くの開発でいったん手を組んだ香港の金主との増資金問題に続き浮上したのは、出資金集めの広告塔となってきた「奇跡のバナナ」を巡る開発者側との金銭トラブルだ。1月15日、岡山県に本社を置く「D&Tファーム」のホームページに「お客様へ重要なお知らせ」と題する一文が掲載された。同社は創業者・田中節三氏が開発した「凍結解凍覚醒法」を一枚看板とする会社。その技術を使えば、日本でもバナナの栽培が可能になるらしい。ところが、それを騙る「なりすまし商材」が確認されたのだという。同社が名指ししたのはほかでもない「みんなで大家さん」である。運用者の「都市綜研インベストファンド」(大阪市)のグループ会社である「共生バンク」と「AGREVO BIO」、それに兄弟商品「みんなで農家さ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。