三井物産&テンセント 危うい「初夢提携」

世界が中国企業を警戒する中で「テンセントと提携」の記事。「大丈夫か?」と揺れる社内。

2021年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「この案件は本当にやっても大丈夫なのか……」。三井物産の社内でそんな声が広がっている。中国のネット大手テンセントとの提携についてだ。

「中国への関与が賢明」

ことの始まりは今年の年明け。ビジネスマンにとって初の出勤日となった1月4日のことだった。夕方18時すぎ、日経新聞がほぼ毎日、帰宅時のサラリーマンを狙って、その日の一押しニュースとされる「イブニングスクープ」を電子版に流した。「三井物産、中国テンセントと提携 日本企業の販促支援」。こんな見出しのニュースは翌朝、日経新聞の朝刊1面にも派手に掲載された。記事を読み進めると提携は現在協議中で、まず物産とテンセントが合弁会社を設立する。新会社はテンセントのスマホ向けSNSアプリ「ウィーチャット(微信)」でのECサイトや広告、動画配信の作成・掲載などを日本企業から請け負う。日本でいうなら、SNSアプリ「LINE(ライン)」の中に、企業 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。