「赤旗」が異例の記者大量採用/「野党共闘」主導を狙う

インサイド

2021年2月号 POLITICS [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

共産党が機関紙「しんぶん赤旗」の体制強化に取り組みだした。昨年8~10月に追加の記者募集をしたところ50人を超える応募があった。当初の目標だった15人を超える20人程度の採用を見込むという。赤旗編集局は約300人。20人はその規模からすると異例といえる。志位和夫委員長は1月4日の党旗びらきでわざわざ言及してみせた。「新しく編集局に入る同志の3分の1は、この2年ほどの間に入党した同志ですが、赤旗記者になりたいという思いから、この機会に入党した同志も少なくありません」。その後の記者会見で「大量採用」について「例年とは比較にならない。うれしい話です」と笑みを浮かべた。本誌1月号でも触れたように、昨年の国会審議で政府追及の中心にいたのが共産党だ。日本学術会議で6名の研究者が任命されなかった問題や、安倍晋三前首相が主催した「桜を見る会」を巡る問題は、いずれも赤旗のス ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。