「五輪後」解散に賭ける菅義偉

どんな不完全・異常な五輪でも、開催してしまえば世論は好感する。秋まで粘ればきっと勝機も見えてくる――。

2021年2月号 POLITICS [敗れれば即、退陣]

  • はてなブックマークに追加

新型コロナウイスルの感染急拡大で、菅義偉内閣の支持率下落が続いている。1月7日に緊急事態宣言が再発令された直後、共同通信の世論調査(同9、10日実施)では、支持41%・不支持43%と政権発足4カ月で逆転。再発令に79%が「遅すぎた」と批判的で、政府のコロナ対応を「評価しない」人は68%。内閣不支持の理由で一番多かったのは「首相に指導力がない」の41%だった。早くも政権の命運にアラームが点滅している。政府は3月末までに、①コロナ対策の根拠法(新型インフルエンザ等対策特別措置法と感染症法)改正、②ワクチン接種開始、③2021年度予算案成立――の3段階で感染拡大を止めようとしている。菅氏は「接種が始まれば雰囲気も変わる」と期待するが、専門家の多くは「楽観的すぎる」と否定的だ。1月18日に開会した通常国会で菅氏の意味不明瞭な答弁が続けば、コロナ疲れがたまった世論の不満はさら ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。