トヨタの大敵「令和のわらしべ長者」水野弘道

要所で首相と面談し、「EVシフト」を働きかけるテスラの社外取の動きに気を揉むトヨタ経営陣。

2021年2月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

昨年末、政府は脱炭素社会に向けた「グリーン成長戦略」をまとめ、電気自動車(EV)の普及など14分野の工程を発表した。菅義偉首相が2050年の温暖化ガス排出の実質ゼロを宣言してから2カ月足らず。産業界は劇的な「グリーン推進」に戸惑うばかりだ。「脱炭素」に熱心だったわけではない菅首相を突き動かしたのは誰なのか。衆目が一致する仕掛け人は、米EVメーカー・テスラの社外取締役、水野弘道氏(55)である。「水野さんってどんな人?」年の瀬、トヨタ自動車の渉外担当は情報収集に駆け回った。年末の成長戦略で政府は30年代半ばまでに新車販売を「電動車100%」にすると定めた。ガソリン・エンジン車が主力のトヨタは、その販売禁止はクリティカルな影響を及ぼす。菅政権発足後、要所で首相と面談し、「EVシフト」を働きかける水野氏の動きが気が気でないようだ。トヨタが嗅ぎ回るように、国内産業 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。