みんなで大家さん「成田」で5千万ドル大騒動

昨年11月から成田空港近くの山林開発をネタにカネ集めを始めた。用心に越したことはない。

2021年2月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

本誌が2020年8月号などでたびたび不透明さを指摘してきた不動産投資商品「みんなで大家さん」で新たな動きがあった。不振ショッピングモールをアグリ技術開発拠点と称しての出資金集めなどに続き、昨年11月から募集を始めたのは成田空港近くの山林である。営業者の都市綜研インベストファンド(大阪府吹田市)や販売代理人のみんなで大家さん販売(東京都千代田区)が開設するホームページによると、新商品は空港北西に広がる45.5万㎡の開発用地の一角を投資対象とするもの。開発業者からの賃貸収入を基に年7%の想定利回りを謳う。「シリーズ成田1号」の募集額は約20億円、同じく「2号」は約23億円。ただし、それぞれの投資対象面積は1484㎡と1675㎡に過ぎない。確かに、都市綜研インベストファンドの親会社にあたる共生バンク(東京都千代田区)は19年10月、空港から目と鼻の先にある小菅地区の45.5万 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。