章男親子が「トヨタ私物化」の禁じ手

戦略子会社に私財を投じるのは美談か。将来的にトヨタを間接支配する一手ではないか。

2021年2月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「いよいよ出してきたか」。年の瀬も押し迫った2020年12月28日。トヨタ自動車のオウンドメディアである「トヨタイムズ」に公開された映像を、トヨタOBは世襲に向けたアピールの一環と受け止めた。

子会社出資は利益相反

トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント(TRI―AD)は自動運転技術の開発を目的として、トヨタやデンソーなどが18年に設立した会社である。映像は豊田章男社長の長男で、TRI―ADのシニア・バイス・プレジデントである大輔氏が、東京・日本橋にあるトヨタのオフィスを最先端として紹介したほか、モビリティーカンパニーへの想いやトヨタ生産方式の「自働化」について語った。これまで公に姿をみせる機会が少なかった大輔氏だが、20年に入ってから露出が増えてきた。1月の東京オートサロンでは、章男氏が大輔氏を伴ってトークショーに登壇し、「(大輔氏は)マスタードライバ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。