ドンキ前社長の「推奨」で大儲けした男の素性

T氏と親族らがドンキ株取引で得た利益は合計4億円超。前社長が自分を儲けさせてくれるという確信があったのだろう。

2021年2月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「大原孝治被告が取引推奨した相手の『知人男性』と報道されているのは、T氏(実際の回答は実名)で間違いありません」。本誌の取材に代理人を通じて回答があった。大原とはドンキホーテホールディングス(現パン・パシフィック・インターナショナルHD)前社長で、昨年12月3日に東京地検特捜部に金融商品取引法違反(取引推奨)容疑で逮捕された人物だ。同月23日に起訴された。ドンキHD社長在任中の2018年8月上旬、ユニー・ファミリーマートHD(現ファミリーマート)によるドンキに対するTOB(株式公開買付)の決定を知り、同年10月11日のTOB公表前に「知人男性」T氏にドンキ株を買うように勧めたという疑いだ。「取引推奨」とはインサイダー取引規制対象の一種。上場企業の「重要事実」(投資判断に大きな影響を及ぼす決算情報など)を伝えずに株の売買を勧める行為を指す。情報を伝えた側は行政処分の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。