オリックス「小林化工」で馬脚

水虫の薬に睡眠導入剤が混入、死者まで出た前代未聞の不祥事。問題企業に出資するオリックス社長井上の戦略も杜撰。

2021年2月号 BUSINESS [綻ぶ財テクノンバンク]

  • はてなブックマークに追加

「本来ないはずの薬物が混ざっていた。お詫びのしようがない。一従業員の問題ではなく、会社全体として教育指導のあり方が問題。今後具体的な補償を考え、誠心誠意尽くして参りたい」。12月12日、福井県あわら市の本社で取材に応じた小林化工社長の小林広幸は、深々と頭を下げ続けた。企業が不祥事を従業員のせいにして、トカゲのしっぽ切りを図る事例はいくらでもある。しかし小林が「私には経営責任がある」と平謝りだったのは、別に本人に男気があったからではない。この薬害事案の原因があまりにも杜撰だったからだ。

「経営層が誰も現場を確認しない」

問題の薬はイトラコナゾール錠50「MEEK」と呼ばれる医療用の経口水虫治療薬だ。2020年9月から12月にかけて出荷した約9万錠の水虫の薬に、あろうことか睡眠導入剤の有効成分が混入していた。服用した患者は1錠につき睡眠導入剤として使用する最大投与量の2.5倍を取り込んだ。その ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。