神奈川の感染爆発は「人災」/ 「菅首相の傀儡」林横浜市長/動くに動けぬ黒岩知事

号外速報(1月7日 18:15)

2021年1月号 POLITICS [号外速報]

  • はてなブックマークに追加

緊急事態宣言の再発令にもかかわらず、横浜の林文子市長(74)はタガが外れている。市内の病床が逼迫し、次々に感染者が市外の病院に搬送されているのに「横浜の医療体制はまだ余裕がある」と言って憚らない。12月の市議会でも林氏は「感染が蔓延している状況にない」などと強弁。市職員が切迫した現状を林氏に説明しても「私が知っている情報と違う」と突っぱねたという。「市長は誰から情報を仕入れているのか」と、周囲が呆れるほどだ。

全国最下位の病床受け入れ体制

2千人を超えた東京の感染爆発が槍玉に上がるが、「人災」という意味では横浜市を含む神奈川県のほうが、よほど深刻である。県内の感染者の過半を占める横浜市は「感染防止より経済」の菅義偉首相(72)の影響下にあり、その「傀儡」同然の林氏のコロナ対策は「首相の顔色を窺う後手後手の人災だ」と市議会関係者は酷評する。確かに昨年末までの県内感染者数は2 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。