再び「緊急事態宣言」発令か/小池都知事に主導権/影が薄い「喋れない首相」

号外速報(12月31日 06:20)

2021年1月号 POLITICS [号外速報]

  • はてなブックマークに追加

「ここで感染を抑えなければ、緊急事態宣言の発令を要請せざるを得なくなる。年末年始が感染拡大を食い止められるか否かの分水嶺だ。命を優先して欲しい」12月30日、都庁内で緊急会見を開いた小池百合子知事は「かつてない大きさの『第3波』が襲いかかって来る」と危機感を露わにした。イギリスや南アフリカで見つかった変異ウイルスの日本上陸にも言及し、「未知の課題」への最大級の警戒と備えを訴えた。

2週間後には日々1千人を超える

この日、12月26日の過去最多949人に次ぐ944人の感染者が確認され、水曜日としては最も多くなり、曜日ごとの最多更新が16日連続となった。新たな感染者の直近7日間の平均も815人となり、こちらも20日連続で最多を更新。30日時点で入院患者は2384人(前日より110人増)、自宅療養している人は2975人(前日より207人増)に膨れ上がり、いずれも過去最多となった。都のモニタリング会議の専門家は「 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。