「𠮷川」は氷山の一角、百鬼夜行の鶏卵業界

「鶏卵汚職」はアキタフーズ元社長の「裏金リスト」を押収したことから始まる。どこまで広がるか。

2021年1月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

東京地検特捜部が狙う「鶏卵汚職」の発端は、河井克行・案里夫妻の選挙違反事件で、鶏卵大手・アキタフーズ(広島県福山市)を家宅捜索し、元社長の秋田善棋氏の「裏献金リスト」を押収したことから始まる。解析の結果、安倍内閣で2018年10月から19年9月まで農水大臣だった𠮷川貴盛衆議院議員(北海道2区)が、在任中に合計500万円の現金を受け取っていたことが判明した。「捜査の直前、河井夫妻の元秘書からアキタフーズに転じた女性が同社を辞めており、検察や一部マスコミへの内部通報者との見方もあります。複数の政治家の名前が挙がっています」(全国紙社会部記者)秋田元社長は一部の取材に金銭授受を認めており、単純収賄は堅いと見られる。受託収賄に格上げするには、不正の請託の立証が焦点となる。秋田元社長は一般社団法人「日本養鶏協会」の重鎮として𠮷川議員に陳情しており、便宜が図ら ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。