特捜部「Nuts偽計事件」立件へ

証券監視委の雪辱を晴らし、闇のフィクサーや不正取引の裏人脈を一網打尽にできるか。

2021年1月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

ドン・キホーテや「桜を見る会」で、東京地検特捜部の冬は例年以上に慌ただしい。だが、特捜部には片付けなければならない「宿題」が残っている。ジャスダック上場のハコ企業Nutsを巡る偽計事件である。2020年2月26日、証券取引等監視委員会はNutsが、19年2月に株価を高騰させる目的で虚偽の業績予想を開示したとして、金商法違反(偽計)容疑で家宅捜索。Nutsは3月に元検事を委員長とする外部調査委員会を設け、4月に帳簿上8億円あるはずの現金が存在しないことがわかった。6月に監視委はNutsに関与していた金融ブローカーの事務所を捜索するなどの動きを加速した。Nutsの旧社名はコモンウェルス・エンターテインメント。パチンコ・パチスロの版権ビジネスを営んでいた。16年頃には本業を縮小し、売上高はわずか2億円のハコ企業となっていた。そこへ乗り込んできたのが社長に就任した森田浩章である。

虚偽IRや粉飾の嫌疑

………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。