老害撒き散らす「近鉄の暴君」

雪ダルマ式に膨らむ赤字。日本最長の営業路線を誇る私鉄の雄で何が起こっているのか。

2021年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

近鉄グループホールディングス(近鉄GHD)傘下の近畿日本鉄道が運賃値上げの検討に着手した。11月12日の2020年9月期中間決算の席上、安本幸泰副社長が明らかにした。「コロナ禍の影響が長期化し、収支改善の努力を尽くしても採算が厳しいときに備える」という。近鉄の値上げは消費増税の転嫁を除くと1995年9月以来。値上げ検討は8月にJR四国が表明しているが、全国の大手私鉄で値上げまで踏み込んだのは近鉄だけ。営業路線キロ数で日本最長を誇る私鉄の雄、近鉄に何が起こっているのか。

社長を挿げ替えCEOに

21年3月期の関西私鉄大手4社連結業績予想は近鉄GHD、阪急阪神ホールディングス、京阪ホールディングス、南海電気鉄道のいずれも最終赤字だ。近鉄は売上高7540億円で4社中最大だが最終損益も480億円の赤字で最大だ。南海は売上高が1955億円で赤字は7億円にとどめた。稼ぎ頭の関西国際空港アクセス線がコロナで大打 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。