北海道感染爆発「ファクターX」

人口規模に比べて陽性者数が多いのはなぜか。ナゾを解くカギは「暖かすぎる部屋」にある。

2021年1月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

冬を迎えて、国内各地で感染爆発が起こっている新型コロナウイルス。東京や大阪などの大都市部ほど陽性者が多く、都市病ともされるが、人口規模を上回って陽性者が激増しているのが北海道だ。

本州と異なる住宅造り

北海道の累計陽性者数は1万人を超えた。東京、大阪、神奈川、愛知に次ぐ数で、人口が北海道より多い埼玉、千葉、兵庫を上回る。感染源は札幌ススキノの歓楽街だけではない。旭川市では市内の2つの大型病院で相次いで大規模なクラスターが発生した。患者は大都市だけでなく郡部でも増えている。利尻島や奥尻島など、医療体制が脆弱な離島でもクラスターが起こり、冬の荒れた天候の中で、患者の搬送にも四苦八苦している。新型コロナウイルスの患者が増え始めた今年2月でも北海道は全国と比べて極端に陽性者が多かった。全国に先駆けて独自の緊急事態宣言を発して、道民に行動制限を呼びかけざるを得なくなった ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。