機関紙『社会新報』にも大打撃 社民党が「党再生委員会」設置

2021年1月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

「散る桜 残る桜も 散る桜」今期で政界を引退する社民党の照屋寛徳衆院議員(沖縄2区)が11月26日の衆院憲法審査会で自由討論の最後にこんな一句を詠んだ。照屋議員は同月14日の党臨時全国大会で福島瑞穂党首を「党の遺産を全て食いつぶしたのはあなただ」と罵倒したが、意外にも立憲民主党には合流せず、社民党に残留する。後継者の新垣邦男・前北中城村長が社民党公認で戦うと宣言したため、後見人照屋氏も歩調を合わせた。新垣氏は綱領に「日米同盟を軸」を掲げる立民では「ウチナーンチュ」(沖縄の人)の支持は得られないと判断。一方、自治労大分県本部などの支援を受ける、社民党の吉田忠智幹事長と吉川元・副党首は24日にも離党し、立民に合流する。非議員で専従の中川直人副幹事長、横田昌三総務企画局長も離党へ。残る議員は、福島党首と照屋議員の2人だけ。党大会で採決した「社民党に残る ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。