TPP揺るがす習近平の毒針 恐るべき「外交巧者」

2021年1月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

中国の習近平国家主席が11月20日、環太平洋経済連携協定(TPP)参加に前向きな姿勢を表明した。来日した王毅国務委員・外相も習氏の発言を踏まえた内容を説明しており、政府内に「一部は本音なのか」と波紋が広がっている。習氏が「(TPP加入を)積極的に検討する」と表明したのは、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議だった。これまでも李克強首相が会見に答える形で「前向き」の姿勢を示していたが、今回は主席が自ら発言しただけに「影響力は大きい」(中国通)。習氏の狙いは何なのか。有力説の一つは米国への揺さぶりだ。オバマ前米政権が中国包囲網としてTPP合意を主導したが、多国間の枠組みを嫌うトランプ政権は離脱した。バイデン次期政権が通商戦略を再構築するのは必至だけに、その前に「米国不在のTPPに毒針を刺した」(関係者)。もう一つは台湾へのけん制。「一つの中国」を掲げて ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。