三木谷が買った「腐った果実」

西友買収は3年前にも持ち掛けられた。空白期間に熟すどころか腐った会社を買う愚。

2021年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「買い物下手」で知られる楽天会長兼社長の三木谷浩史にとって、また一つ黒歴史になりそうな案件が登場した。11月16日、楽天と米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)は、2021年初めに共同でスーパー大手の西友を買収すると発表した。親会社の米ウォルマートからKKRが西友株65%、楽天は20%を買い取る。

米ウォルマートから打診

西友の企業価値は約1700億円と見積もったというから、単純計算で楽天の出資額は約350億円。今はやりのデジタルトランスフォーメーション(DX)を掲げ、「AIやビッグデータを駆使してリアルとネットの融合を進める」(楽天幹部)というお題目はご立派だが、一つ大きな問題がある。それは楽天が手に入れる西友が、リアル進出への足場としてはほとんど期待できない点だ。日本市場から撤退したがっていたウォルマートから、「腐った果実」を押し付けられたのが実態だろう。西友買収 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。