「雇用守る」ANA、業績下方修正の瀬戸際

「第3波」来襲で頼みの「国内線7割回復」は絶望的。 予想連結最終赤字5100億円の下振れを回避できるか。

2021年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

ANAホールディングスが3千億円規模の公募増資の実現に漕ぎ着けた。新型コロナウイルスによる需要低迷に備え、財務基盤の強化と設備投資に資金を振り向ける。海外のエアラインが続々と経営難・法的整理に追い込まれる一方、ANAは日本航空(JAL)に続き資金調達に成功した。内部では「公的支援はやはりいらない」と多幸感に浸る声もある。だが、コロナ第3波が来襲し、頼みの「国内線7割回復」は厳しい状況だ。2021年3月期の予想連結最終赤字5100億円が下方修正を迫られる恐れもある。ANAは11月27日、JALから3週間遅れで増資計画を発表した。ライバルが投資マネーを吸い取った後のタイミングは最悪だったが、投資家はANAの計画に乗った。それを支えたのはANA自身の再生プランではなく、各国政府・中央銀行がコロナ危機で供給し続ける莫大な流動性に他ならない。世界の感染者数は既に7千万人。にもかかわら ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。