「皇嗣宣言」秋篠宮に拭えぬ高齢即位の不安

立皇嗣の礼、新嘗祭で「皇嗣」のお披露目が続くが、安定的な皇位継承策の先行きは不透明なまま。

2020年12月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

徳仁(なるひと)天皇は、11月23日夕方から翌24日未明にかけて皇居・宮中三殿西側の神嘉殿(しんかでん)で、即位後初めて新嘗(にいなめ)祭に臨まれる。新嘗祭は、天皇が米や粟(あわ)などの新穀をや神々に供えて共に食べ、を感謝する祭祀で、正月最初の儀式である「四方拝(しほうはい)」とともに古くからある宮中祭祀の中で最も重要な神事だ。新天皇による最初の新嘗祭がで、昨年5月の代替わりに伴い、同年秋に行われた大嘗祭は記憶に新しい。新嘗祭では、徳仁天皇は綾綺殿(りょうきでん)で白の祭服(さいふく)に着替え、三種の神器のうち勾玉と剣とともに神嘉殿の母屋(もや)に入り、23日夕刻から「夕(よい)の儀」に臨むが、いつもと違う光景が二つある。一つは、平成の後半、明仁(あきひと)天皇の高齢を考慮して2014年から深夜に行われる「暁(あかつき)の儀」への出席を取りやめるな ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。