「熟年離婚」社民党はブレンドしちゃダメ!

福島党首はぶちまけた。「家に火を付けて出ていく夫と仲良くすることはあり得ない!」

2020年12月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

社民党の臨時党大会(11月14日)では「党を残して立憲民主党への合流も認め合う」という「熟年離婚」の分党方式の議案を可決した。そもそも合流問題は、昨年12月6日、立民の枝野幸男代表が次期総選挙での政権交代をめざし、政党合流を呼びかけたことに端を発している。社民党の又市征治党首(当時)は枝野代表の「呼びかけ」を受けとめ、解党による合流の党内議論をスタートした。又市党首のバックには、自治労内の大分県本部や富山県本部を筆頭とする「13県本部」と呼ばれる社民党支持地本の体力低下と合流への方針転換がある。今年2月の社民党定期全国大会では「合流の是非の判断は次期臨時党大会で行う」として党内議論を継続することを確認。4月から、立民の福山哲郎、社民党の吉田忠智両幹事長の協議が再開され、6月23日に一定のとりまとめを行った。社民党では9月末までに都道府県連合で意見を集 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。