「お花畑」金融庁の カモになる地域金融

金融庁の意向や動向にばかり気をとられる銀行員と銀行は、どの道、コロナ後のデジタル化時代に生き残れないだろう。

2020年12月号 BUSINESS [「お花畑教」の正体]

  • はてなブックマークに追加

「あなたはこのままでは捨てられる。私にはカミのお告げが聞こえる。この本を買い、私たちのセミナーに参加すれば、あなたは救われる、さあ」これは、病気や不安に悩みを持つ無知な人の心に付け込む、典型的な勧誘の口説き文句だが、実は、同じようなことが、金融業界においても行われている。その名は、地域再生や企業支援を謳う「お花畑教」とでも言おうか。伝道者は共同通信の金融記者(橋本卓典)、教祖・広告塔(カミ)は金融庁長官や幹部(日下智春)、信者(カモ)は弱った地域金融機関だ。日経新聞に載った『捨てられる銀行』本の大広告(9月24日)教本となっているのが、橋本が著す『捨てられる銀行』(講談社)シリーズだ。その最新作が掲載された日経新聞の広告(9月24日)は、遠藤俊英前金融庁長官の写真をあしらい、氷見野良三新長官の狙いをアピールするもっともらしさだ。「さよなら銀行 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。