イセ食品「91歳鶏卵キング」が崖っぷち

鶏卵相場が下がり、一気にキャッシュポジションが低下。メインバンク不在で「月利1割」のファクタリング会社に駆け込み。

2020年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

本誌昨年2月号「『鶏卵キング』飛田新地の勇み足」で取り上げた「イセ食品」(東京都千代田区、グループ売上約500億円)だが、花街の怪人脈との接触が祟ったか、ここにきて銀行から融資が受けられず、土俵際に追い詰められた。事情通によれば「9月末に都内のファクタリング(債権買取り)会社X社に売掛金を4~5億円分売却してかろうじて資金繰りをつないだ」という。ファクタリングといえばなにやら聞こえはいいが、イセがX社に払う手数料は金利に換算すれば「月利1割」に達するというからヤミ金に手を出したも同然だ。鶏卵最大手であるイセの得意先はイオンやイトーヨーカ堂グループをはじめ大手がずらり。売掛金の相手先として信用力は申し分ない。X社にはさぞ美味しい案件だろう。しかし、イセはなぜここまで窮したのか。どうやらきっかけは新型コロナだった。「外食産業の落ち込みで鶏卵業界でも業 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。