「爆走テスラ」虚勢張るトヨタ

EVでの成功は、天才イーロン・マスクにとって「はじめの一歩」。豊田章男の現状認識は甘いと言わざるを得ない。

2020年12月号 BUSINESS [天才イーロン・マスク]

  • はてなブックマークに追加

米テスラの爆走が止まらない。絶好調だった2020年第3四半期(7~9月)決算を受け、テスラの株式時価総額は4千億ドル(約42兆円)を突破、トヨタ自動車(22兆9千億円)を含む日本の自動車メーカー9社の合計を上回った。だが電気自動車(EV)での成功は、テスラにとって「はじめの一歩」に過ぎない。天才イーロン・マスク(49)の野望は、まだその全貌を見せていない。テスラの第3四半期の営業利益は約8.1億ドルで前年同期の3倍、営業利益率は9.2%に跳ね上がった。これで5四半期連続の黒字である。かつて「四半期に10億ドルのキャッシュを燃やしている」と揶揄された万年赤字企業の面影はもはやない。

対抗意識を剥き出しの豊田社長

米国のZEV(無公害車)法を唯一クリアするテスラは、これまで他社へのクレジット(温暖化ガスの排出枠)売却益により利益を確保していた。第3四半期もクレジットで4億ドルの売却益を計上したが、本業 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。