グーグル唖然「バイデン大統領」

「バイデン当確」に沈黙するグーグル。左派を繋ぎ止める「テックラッシュ」は変わらない。

2020年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

史上希に見る接戦を前副大統領のジョー・バイデンが制した米大統領選。11月7日に米メディアがバイデンの当確を報じると、ネット空間も支援者の喜びの声で埋まった。アマゾン・ドット・コムの最高経営責任者(CEO)、ジェフ・ベゾスをはじめとする米IT(情報技術)業界の大物もこの輪に加わったが、「常連」は不在だった。

好機に「十八番」を封印

グーグルと同社の親会社であるアルファベットのCEOを兼務するスンダー・ピチャイである。同社は社員の自由な発言を尊重し、社会問題に対して意見を表明することを奨励してきた。ピチャイも黒人問題などについて積極的に発言してきたが、大統領選の結果については沈黙を貫いた。副大統領に就くカマラ・ハリスはグーグルが本社を置くシリコンバレーに近いカリフォルニア州オークランド市で生まれ、実母はインド出身だ。「大学留学で米国に来るまで、パソコンを日常的に使える環境に ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。