「首相補佐官」は政界進出の踏み台?/柿崎氏に「秋田県知事選出馬」説

号外速報(11月07日 12:45)

2020年11月号 POLITICS [号外速報]

  • はてなブックマークに追加

菅政権発足から2カ月が経つ。「国民のために働く」と見栄を切ったはいいが、日本学術会議会員の任命拒否問題で支持率が急落。党内基盤に脆さを抱える新首相にとって、貴重な「ご祝儀支持率」を浪費したのは大誤算だろう。かたくななボスの態度を解きほぐし、マスコミとの折り合いをつけるのは、政治記者出身の柿崎明二首相補佐官(政策評価、検証担当)の役割だろうが、目下のところ無為無策ではないか。異例の補佐官抜擢が物議を醸す中、ここに来て菅、柿崎両氏の故郷、秋田県知事選への「柿崎氏出馬」がウワサされるのは、もはや異様と言う外ない。

「佐竹」と「村岡」は意に染まぬ候補?

共同通信社で20年以上も政治記者を続け、与野党に幅広い人脈を築いてきた柿崎氏。その人となりを知る野党幹部は、補佐官抜擢の狙いを「彼は時の雰囲気と必ず反対の意見を言う。新首相からバランサー(調整役)を期待されたのだろう」と見る。いわゆる ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。