柿崎首相補佐官に「強い違和感と嫌悪感」/共同通信理事会で苦言を呈す信濃毎日新聞社長

号外速報(10月22日 11:30)

2020年11月号 POLITICS [号外速報]

  • はてなブックマークに追加

共同通信社の柿崎明二・前論説副委員長が10月1日、菅政権の首相補佐官に転身したことが加盟社の間で波紋を呼ぶ中、8日の共同通信理事会で有力加盟社である信濃毎日新聞(長野県)の小坂壮太郎社長が「強い違和感、嫌悪感」を表明するなど苦言を呈していたことが分かった。共同通信には全国の主要な地方紙が加盟しているが、各紙からは柿崎氏の転身に困惑や違和感、さらには批判の声が相次いでいる。小坂氏の発言はこうした加盟社の意向を代弁した形となった。

「マスコミを制御することはあってはならない」

共同通信関係者、加盟社関係者によると、理事会ではまず共同通信の水谷亨社長が「権力中枢への異例の転身と報じられ、加盟社の皆様にご心配とご迷惑をお掛けした」と陳謝。柿崎氏がこれまで記者倫理に反する行為をしたことは確認されていないとした上で、今後も丁寧に検証を続けると約束した。さらに近く「権力とメディアの距離感」という視 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。