連合「股裂き」の悲劇再び/立憲の平野、辻元は当落線上/国民の山尾、浅野は再選危うし

号外速報(10月18日 07:45)

2020年11月号 POLITICS [号外速報]

  • はてなブックマークに追加

「『股裂き』選挙は2度とやりたくないが、また同じ失敗を繰り返すのか」――。連合(日本労働組合総連合会)は10月15日の中央執行委員会で「次期衆院選に向けた基本方針」を正式決定した。合流新党の立憲民主党を「連合総体として支援する」一方、国民民主党の候補も支援対象に加えた。ある地方連合会の幹部は「これでは立憲も国民もジリ貧だ」と溜息をつく。

日本維新に蹴散らされる平野、辻元

基本方針では、小選挙区から出馬する国民民主の候補について「これまでの関係などを踏まえ、支援していく」と明記。比例代表については「原則、立憲を支援」とする一方、傘下の産業別労働組合(産別)の判断で例外的に国民民主への投票も容認した。そもそも、連合の支援政党が割れる「股裂き」状態は、旧民進党が分裂した2017年衆院選が悲劇のはじまり。19年参院選でも旧立憲民主と旧国民民主の「又裂き」となり、比例代表で国民民主の組織内候 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。