菅首相の外交参謀「阿達雅志」

叩き上げの総理は批判する人を恨み、必ず報復する。それを諫められるのは阿達しかいない。

2020年11月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

官僚の人事を掌握して首根っこを抑えつけ、内政では豪腕を振るう菅首相だが、外交手腕だけは未知数だ。まず問われるのは、同盟国アメリカとの関係だ。たとえ対米追随の誹りを受けようと、日本の安全保障を考えたとき、関係悪化だけは避けねばなるまい。しかし、まさに大統領選真っただ中。トランプ大統領とバイデン候補のどちらが勝利するか、まず冷静な情勢分析と、柔軟な対応が求められることだろう。国内でいくら威張り散らしても、対外的なプレゼンスがなければ国のリーダーとしてみっともない。菅首相もそれを理解してか、信頼できる参謀を起用した。阿達雅志首相補佐官(61)だ。

佐藤信二元通産相の娘婿

菅首相は滅多に人を信用しない。これは「叩き上げ」の宿命でもある。人並ならぬ努力と苦労を重ねた人間にとって、築き上げた人生訓は、誰とも共有することができない至宝となる。だから何でも自分でやらなければ気 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。