「菅頼み」どうなる横浜カジノ

地元・横浜も多難だが、首相になって改めて見せた折れない頑固さで、IRを含むビッグプロジェクトに取り組むことだろう。

2020年11月号 BUSINESS [折れない「菅」]

  • はてなブックマークに追加

「横浜カジノ」に逆風が吹いている。コロナ禍で世界のカジノが壊滅的打撃を受けるなか、国土交通省は10月9日、カジノを含む統合型リゾート(IR)の整備に関する基本方針案を公表するとともに、自治体から申請を受け付ける時期を9カ月延長、来年10月から再来年4月とした。それに伴い、横浜のIRスケジュールも大幅に遅延する。もともと基本方針案の公表の遅れから、IR事業者の公募条件や施設概要などを定めた実施方針の公表を、延期し続けていた。「9カ月遅れ」が決定したことで、実施方針を定め、事業者の公募・選定といった作業に着手するが、具体的なスケジュールは未定。確かなことは、来年8月にIR推進派の林文子市長が任期を迎えることで、市長選が「カジノの是非」を問うものになることだ。

菅首相の誕生が唯一の希望

「前回、3選を狙った市長選で、林市長はカジノ誘致が不利と見て、『白紙に戻す』と宣言、当選した。だか ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。