ハゲタカの餌食でも潰せない「レオパレス」

レオパレス21には57万室の管理物件があり、 オーナーの多くは農家で自民党の基盤。 潰すに潰せない。

2020年11月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

決算に従事する社員の退職などを理由に2度、2020年4月~6月期の決算発表を延期していたレオパレス21が、9月30日、ようやく四半期報告書の開示に至った。立て続く延期はレオパレスオーナーたちに倒産を予見させ、救世主登場を待ち侘びるあまり、村上ファンドや光通信、ヤマダ電機、オリックスといった風評が飛び交った。そんなオーナーたちに安堵の溜息が漏れたのは、決算と同時に発表された米投資ファンド「フォートレス・インベストメント・グループ」からの支援だった。同ファンドから、第三者割当増資で約119億円、借入で300億円を調達するという。これらの資金援助で一旦は債務超過を解消、首の皮一枚でつながったように見えるが、果たして救世主なのか。300億円の融資の利息は年14.5%、毎年43.5億円の利払いが必要だ。しかも3年間は弁済できない条件付き。つまりレオパレスは3年間で約130億円の利 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。