NYタイムズが快進撃 「読者1千万人」射程内

デジタルと紙で651万人。トランプとコロナが追い風。調査報道と大幅値引きが奏功。新CEOは広告の専門家!

2020年11月号 BUSINESS [トップ人事も型破り]

  • はてなブックマークに追加

米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)が、今年に入って新型コロナウイルスの感染拡大などを追い風に、電子版を中心に有料読者を大幅に増やしている。6月末時点で電子版の有料読者は439万人(前年同月末比47%増)、スマートフォン向けのクロスワードや料理レシピのアプリ購入者を含めるとデジタル関連では567万人を超えた。紙媒体(新聞紙)を合わせた有料読者総数は651万人となり、「2025年までに1千万人」の目標に大きく近づいた。

「電子版」が半年間で100万人増

トランプ大統領の誕生とコロナウイルスの感染拡大で良質なニュースへの需要が高まった状況の中で、英語圏全体を対象に、他紙では読めない調査報道による独自記事を連発したことが有料読者の急増につながったと言えよう。NYTが8月に発表した20年第2四半期(4~6月期)決算によると、デジタル関連収入が1億8550万ドルと紙媒体の収入(1億7540万ドル)を四半期ベースで初め ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。