どっちつかず菅総理の皇位継承策「政府原案」

もれ伝わる政府原案は「女性宮家創設には道を開く一方、皇位継承資格は男系男子に限定する」という妥協案。対応を間違えれば政権の足元をすくう火種になりかねない。

2020年11月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

「自民党を支持する保守派の大会には何度もお越しいただいたが、菅義偉氏から皇室に関する歴史観などを聞いたためしがない。安倍前首相は『男系継承』に断固たる信念を持っていたが、菅氏にそうした信念はない」菅政権が誕生後の9月下旬、安倍政権を長年支持してきた日本会議系の保守派団体幹部は、皇位継承の在り方に関する菅首相の姿勢に不安をにじませた。一部のナショナリストの間では、菅氏はもともと男系論者とはみなされていない。2005年の衆院選の大手新聞社のアンケートで女性天皇に賛成と回答したこともあった。この時は小泉内閣の有識者会議が女性・女系天皇容認の方針を取りまとめていた時期。だが、別の保守派論客は「これは菅さんに限らず、自民党の政治家はもともと女性天皇支持者が少なくなかった。菅さんはよく言えば現実論者で『男系継承』に強いこだわりはない。政治状況次第で、安 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。