「容態回復」膨らむ安倍待望論

「レミケード」の副作用と1年間の通院という制約はあるものの、安倍の政治生命は再び新薬によって救われた。

2020年11月号 LIFE [ 「レミケード」効果]

  • はてなブックマークに追加

「そろそろ派閥に帰ってあげてくれませんか。細田(博之)会長も疲れ果てています。早く帰ってみんなを安心させてほしい」――。9月28日、都内のホテルで開かれた細田派(清和政策研究会、98人)の政治資金パーティー。会場を埋め尽くした関係者を前に、森喜朗元首相の声が響き渡った。自民党最大派閥の細田派は、安倍晋三前首相の退陣まで「総裁派閥」として君臨した。この日、来賓として駆けつけた安倍の顔色にメディアの視線が集まった。「健康を回復しつつある。一議員として菅政権を支え、日本のために頑張っていきたい」。安倍は以前と変わらぬ張りのある声で挨拶した。「安倍さんには早く復帰してもらわないと大変だ」。派閥の所属議員たちはグラスを片手に複雑な表情を浮かべた。「早期復帰」が取り沙汰されるのは、前政権下とは比較にならぬ幹事長、二階俊博の権勢である。菅内閣で留任した二階 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。