吉田、吉川「最後の賭け」、社民が立憲と合流へ

11月14日に開く臨時党大会で、 立憲民主党への合流が否決されたら、 吉田幹事長、吉川副党首は離党必至。

2020年11月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

「もはや分裂するエネルギーすら残っていない」――。社民党は10月1日の常任幹事会で、立憲民主党との合流の是非について議論する臨時党大会を11月14日に開くと決めた。合流推進派と党大会阻止を目論む反対派の協議は噛み合わず、最後は異例の多数決となった。出席者の1人は「党の命運を左右する決定的な場面なのに、何ともしらけた雰囲気。党勢を象徴する光景だった」と語る。「決定は早すぎる」と最後まで抵抗したのは福島瑞穂党首だった。福島氏を中心にまとまる反対派は「統一と団結を守りたいが、党大会で議論すれば難しくなる」と党分裂にまで言及。合流派が「それは脅しだ」と切り返す堂々巡りの議論が続いた末、採決では吉田忠智幹事長、吉川元・副党首が賛成に回り、4対3の僅差で開催が承認された。社民と立憲民主の合流を巡っては、2月の社民党大会で合流協議の継続を盛り込んだ議案を採択済み ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。