奢る経産久しからず! お役御免の「婚活の星」

経産官僚の凋落は目を覆うばかり。 筆頭は、昨年、菊池桃子さんと結婚した 「豪腕」新原浩朗経産政策局長だ。

2020年11月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

菅義偉が首相に就任して1カ月あまり。「安倍政権の政策を継承し、発展させる」と語っていたが、アベノミクスを引っ張った今井尚哉・前首相秘書官(旧通商産業省1982年入省)、経済産業省の新原浩朗経済産業政策局長(同84年)ら経産閥の多くが中枢から遠ざけられた。首相動静から窺えるのは「奢る平家」ならぬ「奢る経産は久しからず」だ。まさに「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」。霞が関の勢力均衡が変わる中、彼らはどのような思いで秋の鐘を聞くのだろう。「今井は安倍総理の代理人として続投する」――。菅政権発足前夜、少なからぬ霞が関官僚はそう予想していた。資源政策に詳しい今井は、安倍政権で対ロシア交渉や日中経済協力の要を務め、「対外経験の乏しい菅を支えるため、安倍が今井残留を求めた」との臆測が広がっていた。しかし、蓋を開けると、経産省出身の今井、長谷川栄一(同76 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。