取らぬみずほの「IR皮算用」

コロナでIRは尻すぼみ。それなのに、みずほ銀行作成の横浜事業計画案が出回っている。

2020年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

横浜市が取り組むカジノを含む統合型リゾート(IR)について、みずほ銀行が作成した事業計画案が出回っている。事業規模は約1兆円で、半分の5千億円は融資で賄い、残る5千億円はエクイティで調達するという中身だ。このうち融資についてはみずほが3千億円、三井住友銀行と横浜銀行が合計1500億円を出し、残りを他の金融機関が用立てるなど、細かな内訳も示されている。一方のエクイティはどうか。青写真では5千億円のうち半分の2500億円は外資のオペレーターが、残りを日本勢がそれぞれ拠出。日本勢が出す2500億円のうち、2千億円は京浜急行電鉄と大成建設、JTB、ディー・エヌー・エー(DeNA)の「横浜IRビッグ4」が出すとしている。「みずほが言ってきたのは『コンソーシアムの中核となるのはビッグ4だが、出資の余地がまだある。おたくも参加してコンソーシアムに入らないか』というものだった。要す ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。