セブンイレブン「2・2兆円買収」の立役者

米セブンイレブンのデピント社長の役員報酬は24億円強。在任期間が最も長い彼に諫言できる人物はいない。

2020年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

役員報酬24億7400万円。多額にもかかわらず、ほぼ無名の経営者がいる。当然かも知れない。彼は米国に住んでいて、しかも非上場企業のトップだからだ。その名はジョセフ・マイケル・デピント氏。57歳。米最大のコンビニチェーン、「セブンイレブン」社長だ。ちなみに同社を傘下に持つセブン&アイ・ホールディングス社長、井阪隆一氏の報酬は1億1200万円。日本のセブンイレブンの前期の営業利益は2539億円で、米セブンはその半分にも満たない1216億円。にもかかわらずデピント氏の報酬は井阪氏の22倍。いかにデピント氏が遇されているかがわかる。そのデピント氏が世界の流通史上で最大のM&Aに打って出た。米業界3位のコンビニ「スピードウェイ」を2兆2千億円で買収するのだ。

井阪社長とタッグを組む

デピント氏はシカゴ出身。地元のコンビニチェーンを経て02年に米セブンイレブンに入社。3年後に社長となった直後から積極的 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。