リニア静岡問題に「足並み乱れる」中部財界

中部財界は「工事進展の壁」川勝静岡県知事にこぞって怒り心頭かと思いきや、奥歯にものがはさまった言い分の者もいる。

2020年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

2027年開業のリニア中央新幹線の環境対策を巡る静岡県とJR東海の対立が長期化し、「静岡工区の未着工問題」が決着しないことに対し、静岡県とJR東海の関係はいつ修復されるのか、名古屋経済界は日々気をもんでいる。期待される10兆円超の経済効果の先送りを心配しているのだが、一方で、「名古屋の経済界トップは足並みがそろっていないのでは」とささやく声も聞こえる。名古屋商工会議所の山本亜土会頭の発言は終始、経済界の声を反映している。リニア静岡工区の未着工問題に関して発表するコメントからは、もどかしさと憤りが読み取れる。静岡県の川勝平太知事とJR東海の金子慎社長が6月に行ったトップ会談に対するコメントでは、「トップ会談が実現し期待を持ったが、議論は平行線に終わったようで、率直に言って失望が大きい。(静岡工区)は一番難しく、しかも未知の工事区間であるので、何がどう ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。