トヨタ「次期番頭」は米国人

章男トヨタの「番頭」は代表取締役の小林。御曹司・大輔の御代にはヒラメの米国人が就く。

2020年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

8月下旬の土曜日。東京・台場にあるトヨタ自動車のショールーム「メガウェブ」で1組の親子が記念撮影に興じていた。レース仕様のスポーツ車の前でパチリ、併設のカフェでパチリ。観光名所にもなっているこのショールームではなじみの光景だが、ひとつだけ違ったのは他の来場客の姿がなかったことだ。

章男お気に入りのカフナー

それもそのはず。開場前に訪れていたのはトヨタ社長の豊田章男と長男の大輔だったのだから。興に乗った親子はスポーツ車の屋根によじ登り、フロントガラスに脚を投げ出して写真に収まる。普段だったら係員がすっ飛んできて制止しそうなこのシーンを、章男は写真共有アプリのインスタグラムで公開した。慶應義塾大学を卒業後、留学、外資系金融機関を経てトヨタに中途入社した大輔の露出増が止まらない。父親と同じ道を歩み、創業家の嫡男の一挙手一投足は否が応でも注目を浴びる。当初は「創業家でも ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。